援助こうさいサイトは犯罪でしょうか?女子高生と援助交際の関係について・・・・

援助こうさいサイトは犯罪でしょうか?女子高生と援助交際の関係について・・・・

皆さんは何故援助こうさいサイトが犯罪かご存知ですか?当サイトでは援助こうさいサイトや女子高生と援助交際の関係について紹介しています。

そもそもなぜ援助交際が悪いのでしょうか?

そもそもなぜ援助交際が悪いのでしょうか?イメージ

援助交際というのは、言うまでもなく法律で禁止されています。

たとえお互い成人同士であっても、相手の同意を得たとしても、性行為をする上で金銭のやり取りが生じると援助交際になってしまい、法律違反になってしまうのです。

当然ですが発覚すれば罰則が適用されますし、特に男性の場合はそれなりに重い罪に問われてしまいます。

だからこそ、多くの人は援助交際をやりたいと思っても我慢しているわけですし、もしやるのであればバレないようにしないといけません。

ただ、そもそもなぜ援助交際が悪いのでしょうか?

確かに、援助交際にはいろんなリスクや危険性があることも事実です。

しかし、お互いの合意の上で性行為をやっているわけですし、それなら自己責任ということでいいのではないでしょうか?

未成年の場合であっても、自分の意思でやっているわけですから、何かあっても自己責任でいいのではないでしょうか?

ただ、何でもかんでも自己責任で済ませられるのであれば、法律で規制をする必要はないわけです。

実際は援助交際においても、いろんな犯罪行為が横行しているわけですから、だからこそ法律で規制をするわけです。

それに、法律で規制をしないとやり得になってしまう可能性もあるのです。

もしも、女の子とエッチをしてお金を払わなくても、特に何もお咎めなしなのであれば、そればかりする男性が増えてしまうでしょう。

逆に、男性からお金をもらってエッチせずに逃げても、何の問題もないと言うのであれば、そればかりする女の子だけになってしまうのです。

こうなってしまうと、完全に治安が悪化してしまい、場合によっては重大な犯罪に進展してしまう可能性もあるのです。

それを防ぐためにも、未然に法律で禁止をして、もしも援助交際を行ったのであれば、それ相応の罪を受けるといった形を取るのです。

正直、援助交際の法律に関しては、納得いかない部分も多々あります。

逆に法律の規制を強化しすぎても、かえって逆効果になってしまう可能性もあるのです。

ただ、それでも法律による規制は絶対に必要ですし、援助交際を完全に自己責任にするのは大間違いだと言えるのです。

もちろん、色々と改善すべきところは必要ですし、男性だけでなく女の子側にも何かしらの罰則を与える規定なども必要だと思います。

日本は、別に性行為自体を禁止しているわけでもありませんし、風俗なども一定の範囲内で認められているわけですから、別に性行為に対して厳しい国だというわけではないのです。

援助交際をやってしまう理由は

ピーク時に比べると、援助交際をしている人の数はかなり減少したように思えます。

ただ、確かに絶対数は減ったかもしれませんが、それでも未だに多くの人が援助交際を行っているのです。

昔と違って今は、援助こうさいサイトを利用して援助交際を行う傾向にあるので、表には出にくいだけで、実際はかなりの数の援助交際が未だに行われている現状なのです。

援助交際をやってしまう理由はイメージ

さて、援助交際というのは言うまでもなく、売る側と買う側がいるからこそ成り立つものなのです。

したがって、売る側である女の子がいなければ、援助交際は成り立たないことになります。

もちろん、それは逆のパターンでも言えることなのですが。

それでは、どうして女の子たちは、援助こうさいサイト等を利用して援助交際をやってしまうのでしょうか。

言うまでもなく、一番の理由はお金だと思います。

援助交際というのは、男性と行為をすることによって、お金を援助してもらうことができるのです。

行為の内容や時間にもよりますが、おおよそ2万から5万円程度のお金をもらうことができるのです。

普通のアルバイトでは、短時間でこれだけのお金を稼ぐなんてまず無理です。

まして、働ける職種が限られている未成年の女の子にとっては、さらに魅力的な存在だと言えるのです。

女の子によっては、1か月で20万円以上稼いでいる人もいるのです。

下手な正写真の手取り給料よりも多いわけですから、それだけの大金を稼いでしまうと、もはや援助交際をやめられなくなるのです。

もちろん大金を稼げるというメリットがある反面、男性との行為をしなければいけないわけですから、体の負担であったりリスクを伴うことになります。

しかし、それに慣れてしまえば、完全に大金を稼げる方に魅力を感じてしまい、躊躇いなく援助交際ができてしまうのです。

そして今の時代は、ネットで簡単に情報が手に入るので、援助交際に関する情報も容易に手に入れることができるのです。

昔は、友達から誘われたりするなど、何かしらきっかけがあって援助交際をするパターンが多かったです。

しかし今は、ネットで自分からいろんな情報を手に入れて、自分の意思で援助交際をするケースが非常に多いのです。

だからこそ、今でも援助こうさいサイトなど至るところで行われているのです。

正直、援助交際が完全に撲滅することは、よっぽどのことがないかぎりあり得ないと思います。

いくら厳罰化しても犯罪を犯してしまう人がいるのと同じように、売る側と買う側が存在している以上は、どんな対策を取っても援助こうさいサイトや援助交際がなくなることはないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ